仕事で受けたコロナウイルスの影響

ブログ

新型コロナウイルスの感染拡大が広がるなか、4月7日に「緊急事態宣言」が発令されました。

首都圏で働く多くの人は、在宅など働き方に影響が出ていると思います。

私の職場でも本格的に在宅ワークが始まりました。

在宅ワークを始めてみて、思った事、感じた事を書いてみました!

在宅ワークのメリット

在宅ワークを実際にしてみて感じたメリットは

  • 通勤時間がない
  • 仕事を中断されない
  • 人と接触しない

の3つです。

通勤や準備の必要がないので、時間の余裕がかなり生まれました。

また、会社にいると、上司や先輩から急な仕事を頼まれたり、

自分の仕事を中断されることがありますが、

在宅ワークならそういったこともありません。

人によっては、会社に出勤するよりも生産的かもしれませんね。

また、人と接触しないので、コロナウイルスの感染防止には効果 ”” です!

在宅ワークのデメリット

在宅ワークのデメリットとして感じたのは

  • インターネット環境が大前提
  • 在宅ではできない仕事もある
  • 運動不足!!

そもそもインターネット環境がないと、自宅では全く仕事ができません・・・。

仕事で扱うデータの容量が大きかったり、

複数人で画面共有のネット会議したりするので、

ある程度の通信速度も必要です。

在宅ではできない仕事もあることが分かりました。

紙や模型など、アナログ媒体でする仕事はもちろんですが、

私の会社では、ある程度の機密レベルのデータには、社外からアクセスできなくなっていたりして、

在宅の不便さも感じました。

そして何よりも、”運動不足” !!

家から出ないばかりか、作業スペースからもほぼ動きません!

動くのはコーヒーを入れるときか、トイレに行くときだけ・・・

集中力を維持したり、肩こりなどを防ぐためにも

適度な運動が必要だなと感じました!

在宅ワークで気づいたこと

在宅ワークはメリットも、デメリットもありました。

在宅が向いてる人、職業、そうでない人もいるかと思います。

多くの人にとって ”はたらきかた” について考える機会になったのではないでしょうか。

いずれにしても、コロナウイルスの感染拡大が収束して、少しでも早く、いつもの日常を取り戻せる日がくるのを願っています。

タイトルとURLをコピーしました