PR

BMW 320i(F30)のワイパー交換

ライフスタイル

こんにちは。のーちです!

今回は、BMW 3シリーズ320i(F30)のワイパー交換の記事です。

ワイパー交換の仕方、ワイパーの立て方、交換ワイパーの型番など紹介しますので、最後までお付き合い下さい。

ワイパー交換の目安

私の愛車BMW320i(F30)が、納車から半年でワイパーのビビり音がひどくなってきました。

調べてみるとワイパー交換の目安はゴム部分が半年から1年程度。ブレードも2年くらいが寿命とのこと。

他にも拭き残しやスジ、ビビり音や異音、引っかかりなども交換目安です。

私のワイパーもゴム部分がかなり劣化していましたので、新しいワイパーに交換することにしました。

ワイパー交換の選択肢

大体の車で、ワイパーゴムだけを交換するか、ワイパーブレードごと交換するかの2通りの方法があります。

ワイパーゴムの交換

ワイパーのゴム部分だけを取り外して交換します。

ブレードごと交換するより、安く済む場合が多いです。

取り付け方法も比較的簡単です。

ブレードの樹脂部品と、ゴム部分では寿命に差があるため、ブレードはまだ使えるときはゴムの交換で済ませるのもいいでしょう。

ワイパーブレードの交換

ワイパーブレードごと交換する方法です。

ゴムだけの交換より、価格が高くなる場合が多いです。

車種や商品によっては、金額差があまりないこともあります。

私のF30は中古車なので前回交換がいつだか分からず、今回はブレードごと交換することにしました。

ワイパーの型番

BMW320i(F30)の純正ワイパーの型番はこちら

純正番号:61612241357

Amazonで調べてみると、10,000円越え…。

高くて手が出ないので、サードパーティ製のものを探すことにしました。

私が交換したものはこちら

ボッシュ エアロツイン 車種専用左右日本セット 3397118930 / A930S

車種専用品で、ワンタッチのポン付けできるタイプです。

他にガラコ製のこちらと迷いましたが、”ドイツ車にはドイツブランドで”ということでボッシュ製にしました。

ワイパー交換の仕方

ここから実際のワイパー交換の方法を紹介します。

1.ワイパーの立て方

BMW 320i (F30)の場合、通常時はワイパーがボンネット部分に隠れているため、まずはワイパーを立てる必要があります。

手順

①アクセサリーONにする

②アクセサリーOFFにする

③ワイパーレバーを1番上まで持ち上げた状態で保持する

④ワイパーが一回往復した後、立ち上がった状態で停止する

④の状態でワイパー交換をします。

洗車時などにも使える機能ですね。

私は毎回やり方を忘れます(笑)

2.ワイパーを起こす

ワイパーブレード部分を持ち、車両前方側へ起こす。

3.ワイパーブレードを外す

爪の部分を摘みます。

先端側を視点に回すように外します。

運転席側、助手席側とも同様です。

4.フロントガラスを養生する

ワイパーブレードがない状態でワイパーが倒れてしまうと、フロントウインドウを傷つける(最悪は割れる)可能性があるので、タオルなどで養生することをおすすめします。

5.新しいワイパーブレードを取り付ける

ブレードが長い方が運転席側です。

先端部分を引っ掛け、爪部分を摘み、回すように取り付けます。

この時、ベース部分が奥まで入っていることと、爪部分がしっかり引っかかっていることを確認します。

助手席側も同様に取り付けます。

6.ワイパーを寝かせる

養生をとり、ワイパーをフロントウインドウ側へ寝かせます。

7.ワイパーを戻す

①アクセサリーONにし、ワイパーレバーを下側へ一回倒す。

②ワイパーが動作し、元の位置へ戻る。

③念の為、ウォッシャーを使い動作確認する。

ウォッシャーはワイパーレバーを手前側に倒すと作動します。

ワイパーが外れないこと、異音がないこと、動作が正常なことを確認して、作業終了です。

ワイパー交換してみて

こちらが交換前のワイパー。ゴム部分が変形しています。

写真だと分かりずらいですが、劣化してヒビ割れも起きていました。

こちらは交換した新しいワイパー。

ゴム部分がしなやかで、もちろん割れや変形はありません。

ワイパー交換後は、ビビり音も拭き残しもなく、とても快適です!

ワイパーが劣化すると視界不良などで運転に支障がでることもあります。

安全のためにも定期的にワイパーを交換しましょう。

タイトルとURLをコピーしました